一戸建ての意外なネズミ侵入口例

先日、一戸建てでネズミの発生に困っている方のご自宅に伺って作業を行なってまいりました。
すでに侵入しているネズミを駆除することはもちろんですが、根本対策はネズミが侵入する入口をふさぐことにあります。

ネズミはわずか13mm以上の隙間があれば、室内に侵入してきてしまいます。今回の現場では、2か所の侵入経路が見受けられたので、急ぎ対策を取らせていただきました。

nezumi1

こちらはエアコン室内機の配管のために壁に開けられた穴ですが、エアコンの設置時は通常管のサイズより大きい穴をあけ、周りを塞ぐことなく室内機を取り付けています。ですので、まずは配管の周りを塞ぎました。

nezumi2

次に、こちらは床下換気口です。こちらのお宅では鉄格子状につくられたプレートをはめ込んだものでしたが、目が粗く、ピッチが13mm以上ありました。ネズミは13mmの隙間があれば侵入してきますので、写真のようなアルミプレートをかぶせました。

今回のネズミ駆除作業で判明したことは、床下換気口から侵入してきたネズミは、内壁を伝って1・2Fのエアコンの配管用の穴から出てきたことが分かりました。穴をふさぐという根本対策を行なった後で天上裏に捕獲用粘着マットを敷き詰めたところ、1週間後にはネズミを捕獲することに成功いたしました。

エアコンを設置しているお宅では、配管の隙間を埋められていないことが多く、ネズミ侵入の可能性が高くなっています。ネズミの発生でお困りの方は、一度隙間がないかチェックをしてみてはいかがでしょうか。