予想外の場所からのネズミ侵入

大田区大森にある飲食店から依頼を受けて、ネズミ駆除に伺ってきました。

 

地下にある飲食店で、侵入できそうな穴をひとしきり塞ぎます。

ネズミの侵入経路は、毛がついたり、汚れたりして黒ずんでいることが多いです。

これをラインラットと呼びますが、今回はエアコンの右側に大きな穴があり、そこが侵入経路となり巣を作っていた可能性が高いです。

 

穴を塞ぎ、マットを敷いたところで、施工に漏れがないか再確認をしている最中に、お手洗いでネズミと遭遇!

駆除があらかた済んで静かになったので、ネズミが出てきたようです。

 

その場に出たネズミは急いで駆除し、出没したお手洗いを中心に調査をしていると、なんと、お手洗いの換気扇がただ天井に繋がっているだけということが分かりました。

この換気扇も、侵入経路となっていたようです。

再度ネズミが店舗に出てこないように、換気扇に網をつけました。

通常、お手洗いの換気扇は、天井にダクトを這わせて、ダクトを経由して空気を外に出していますが、この店舗は単純に天井に換気扇をつけているだけでした。
店舗の問題というよりは、建物自体が古く、設備もなかなか整っていなかったこと、更には地下の店舗ということもあり、後からダクトをつけるのも難しかったのだと思います。

 

 

古い建物で飲食店を経営されていて、駆除会社に頼んでもなかなかネズミやゴキブリの発生が止まらないとお困りのお客様は、もしかしたら建物の構造そのものに問題があるかもしれません。

今の業者で止まらないゴキブリ・ネズミの駆除は、是非キョウメイサービスにご用命ください。